むちうち症とは?

むち打ちはMRIやレントゲンには写りませんが大きなダメージです| 瀬戸市ひまわり接骨院

レントゲンには写らない症状・・・でも、身体はかなりのダメージを受けています。

むちうち治療は初期の治療が肝心です|瀬戸市 ひまわり接骨院

瀬戸市ひまわり接骨院の交通事故の診察の様子もしも交通事故に遭ってしまった場合、交通事故の相手や損保会社とのやりとりをしたり、手続きなどを短期間の間に慌ただしくやらなくてはいけません。
それは、交通事故に遭われた方にとってかなりの精神的ストレスを抱えるものだろう思います。

しかし、一度冷静になってみてください。

体調が悪いところや体で痛むところなどはありませんか?

もしも、どこか体で痛むところがあったり、体調が悪いところがあるようならば、交通事故の衝撃で「むちうち症」になっているケースがあります。

「むち打ち症」はできるだけ早い段階で治療をしなければ、症状は慢性化し後遺症になるリスクが高まるので早期に治療に取り組むことが非常に重要になります。

たとえば、足の骨を骨折した場合を、イメージしてみてください。
何の固定もしないで折れた骨をそのままにしていたら、骨はまっすぐつきません。
折れた骨は、なるべく元の状態に近い形になるよう、できるだけ早くにしっかりと固定させるはずです。

瀬戸市ひまわり接骨院の交通事故治療の様子「むちうち症」の場合もまったく同じです。
交通事故の衝撃で歪んでしまった骨は、正しい位置に戻して固定をしなくてはならないのです。
そうしなければ、骨がズレて歪んでしまったままで固定されてしまい、それが原因で神経や血管を圧迫することになり慢性的な痛みになってしまうからです。

体の痛みや、めまいや頭痛、肩や腰の痛み、倦怠感、吐き気、手や足のしびれなどの体調不良を交通事故後に感じたら、できるだけ早く治療を受けることがとても大事です。

瀬戸市ひまわり接骨院:その体の痛み!体の不調は、「むちうち症」かもしれません!

瀬戸市ひまわり接骨院:交通事故のむちうち症状

後遺症を残さないためにむちうち症の治療を|瀬戸市 ひまわり接骨院

瀬戸市交通事故治療 男性施術者が身体の状態を説明している様子。むち打ち症は目に見える骨折などのケガなどとは違って見た目では分かりづらい症状のため、周囲の人から理解されにくかったり、また自分自身もついつい無理をしてしまう、という方がたくさんいらっしゃいます。

症状を甘く見て放っておくと症状が悪化してしまい、かえって長期にわたる治療が必要になってしまうケースもありますので、もしも交通事故に遭ってしまい、体の痛みや倦怠感などの不調を少しでも感じていたらすぐにでも治療を始めなくてはいけません。

治療を怠ると、後遺症に長く悩まされてしまうこともあります。ひまわり接骨院では後遺症を残さないようむち打ち症の治療をしっかりと行います。

後遺症について 説明動画