様々なむちうち症状

その症状はもしかしたらむち打ちが原因かもしれません|瀬戸市 ひまわり接骨院

つらい症状でお悩みの方へ。諦めないでご相談ください。

交通事故とむち打ち|瀬戸市 ひまわり接骨院

瀬戸市ひまわり接骨院の交通事故患者の足の診察をしている様子交通事故に遭った後に起こる症状の中でも、むち打ち症に関連するものは多いとされており、同じむち打ち症でも「頚椎捻挫型」、「脊椎捻挫」、「神経根症型」、「脊髄症型」、「バレ・リュー症候群」など様々なタイプがあります。

どのタイプに当てはまるかは、病院や整形外科などで精密検査を受けて調べてみなければ判断できません。
一般的に、むちうち症患者の7~8割は「頚椎捻挫型」といわれており、通常は事故後3~4週間は安静にしておく必要があります。

瀬戸市ひまわり接骨院の交通事故の診断をしている様子安静にした後は、温熱療法、または牽引療法などの治療を行い回復を目指す方法が一般的ですが、なかにはこれらの治療でも改善されない場合があります。

それは、事故の強い衝撃で骨格が歪んでずれた状態です。
骨格は身体の軸です。骨格が歪んでしまうと筋肉を傷つけてしまったり、時には靭帯や神経組織、椎間板などにもダメージを与えてしまいます。

むちうち症によって引き起こる様々な症状|瀬戸市 ひまわり接骨院

むちうち症になると身体にさまざまな症状があらわれます。

むちうち症になると首や背中、肩などの痛み、そして頭痛や吐き気、食欲不振、耳鳴りなどの症状がでることがありますが、まさか首に異常があるなんて思っていなかったと驚く人も多くいます。

実は、交通事故にあった人の大多数が事故時の衝撃が首にかかってむち打ち症になっています。しかし、交通事故から数日経ってから、または数ヶ月経ってからという来院する人がほとんどなのです。

交通事故に遭ってから数日数ヶ月経って現れるこれらのつらい症状は、病院や整形外科で撮影するレントゲンには原因が写りません。なぜなら、レントゲンは骨の損傷(骨折)を検査することに特化した検査であり、むち打ち症の原因である神経の損傷、頚椎の小さなずれ、筋肉の損傷はレントゲン画像からは判断できないからです。

そのような理由で、交通事故後に病院や整形外科で診察を受けて、異常がないという診断を受けたのに、数ヶ月経ってから症状を訴える方がたくさんいるのです。

ひまわり接骨院ではむち打ち症の、見た目やレントゲンでもわからない原因を根本から治療及び改善します。まずは一度ご相談ください。
むちうち症によって引き起こる様々な症状

交通事故後にあらわれる症状の説明動画|瀬戸市 ひまわり接骨院

吐き気について 説明動画

とっても多い腰痛 説明動画