接骨院の上手な通院方法

医療機関(病院・整形外科)と整骨院の違い|瀬戸市 ひまわり接骨院

MRIやレントゲンに写らない異常はお任せください|瀬戸市 ひまわり接骨院

瀬戸市にある、ひまわり接骨院の交通事故の患者様にお体の状態の説明をしている様子交通事故に遭って病院へ行くと、大半の方が整形外科を勧められるでしょう。

病院や整形外科ではレントゲン、MRIなどの精密検査と投薬、注射そして処方が行われます。
レントゲンは骨折を診断することは出来るのですが、神経の損傷や筋肉の状態を診断することが出来ません。
レントゲンの画像診断では問題が発見されないため、「異常なし」と診断されて、神経や筋肉の損傷の状態がそのまま放置された結果、後遺症が残ってしまう事があります。

病院や整形外科で異常ナシと診断されたのに痛みがなくならない、このまま安静にしていても本当に良くなるのか不安、早く身体を元の状態に戻して学校や職場に復帰したい!このような方は特にひまわり接骨院への来院をおススメしております。
身体の違和感や不調は気のせいではありません!心配な方はひまわり接骨院へ一度ご相談ください。

接骨院と医療機関(病院・整形外科)の上手な併用方法|瀬戸市 ひまわり接骨院

医療機関(病院・整形外科)では、診断・投薬などを主に行いますが、接骨院・整骨院では筋肉や骨格の異常を的確に判断できます。そのため、レントゲンでは異常なしと診断されたのに治らない痛みや不調は、接骨院・整骨院に行くことをお勧めしています。以下に交通事故直後、症状による通院方法についてまとめました。


1. 交通事故直後

瀬戸市ひまわり接骨院:交通事故のレントゲン写真のイメージ交通事故に遭って痛みが出た場合は、まずは医療機関(病院・整形外科)で診断を受けてください。病院や整形外科では患者様自身が痛いところを正確に伝えなければ診断を受けられないこともあります。そこで、少しでも痛む個所は念のためにレントゲンを撮ってもらうように医師の先生にお願いしてください。時間がたってから違うところに痛みが出たときも必ず診断を受けておきましょう。


2. 症状による通院方法

◇骨折と骨折後のリハビリ
瀬戸市ひまわり接骨院:リハビリの写真医療機関(病院・整形外科)で骨折の診断名が出た場合は、医療機関(病院・整形外科)で経過を診ながら通院することが必要です。 但し、ギプスが外れた後は、リハビリが必要になってきます。接骨院では手技や筋力トレーニング、ストレッチなどの、骨折後のリハビリを受けていただけます。もちろん、医療機関(病院・整形外科)で経過を確認しながら、接骨院でのリハビリと併せて通院しましょう。

◇むち打ち、腰痛
瀬戸市ひまわり接骨院:交通事故の腰痛施術写真むち打ちや腰痛は、きちんと完治させなければ後遺症になる場合があります。接骨院では、レントゲンなどでは発見できない筋肉や関節の異常を治療し、後遺症を残さないようにいたします。医療機関(病院・整形外科)では定期的に検査を受け体の状態を把握していただき、その後は接骨院に通い後遺症の残らない体作りをしましょう。